先輩インタビュー

INTERVIEW

ディレクター J.Tさん・プランナー K.Iさん
ディレクター・プランナーJ.Tさん・K.Iさん

お二人のご担当はどんなお仕事ですか?

J.T:現在開発中のためタイトル名は公表できませんが、そちらの担当ディレクターのもとでプランナーとして仕様を書いたり、着々と開発を進めています。

K.I:現在運営中のタイトル『エミル・クロニクル・オンライン(以下「ECO」と表記)』のプランナーです。ゲーム内に登場するパートナーキャラクターや、イベントの作成など、その都度必要な作業を行っています。

お二人がヘッドロックに応募されたきっかけは?

J.T:自分はもともとゲーム業界で働いていたのですが、一度この業界が嫌になり、別業界の会社に転職しました。
ただその後、やはり自分の生き様に不満を覚え、本来のスキルを生かしたいと考え直しました。
その後すぐに転職活動をはじめ、転職エージェントからの紹介でいくつかの企業が候補にありましたが、パブリッシャーよりもデベロッパーに興味があったため、ヘッドロックに応募しました。この会社なら自分のスキルを生かせると思ったことと、面接でお会いした方々のお人柄が決め手でした。

K.I:僕は大学在学中から演劇の裏方として活動していたのですが、演劇人として思うように歩めていない周りの方々を見て、このままでは自分もマズイと感じまして…。ゲームは子どもの頃から好きでしたので、デバッグのアルバイトなどをしながら独学で勉強し、転職エージェントに紹介してもらって応募しました。もとより色々な経験を積みたいと考えていたこともあり、ヘッドロックは手掛けているタイトルが豊富だというところにも魅力を感じました。

入社してみていかがでしたか? ギャップはありましたか?

J.T:正直なところ、入社前は会社のことをあまり良く知りませんでした。入社してみて、思ったより静かな会社だなと思いました。
以前経験した職場では運営(開発ではなく運営業務)がメインだったこともあり、その業務上、社内も騒がしい環境でした。
一方、ヘッドロックには開発者が多いこともあって、静かだなあといった感想でしたね。

K.I:面接のときにフランクな会社だなと感じたのですが、入社してみてやはり、肩ひじ張る必要のない良い雰囲気だと思いました。

社長の岡田さんの第一印象や、その後の印象についてはいかがですか?

J.T:初めてお会いした時は、社長というオーラを感じ取ることができませんでした(笑。
実際にお話をさせていただくと、論理的に会話をする方なので、頭の良い人であることが伝わって来ました。加えて冗談を交えながら話すことも多いため、俺は社長だ! というような力んだ感じも無くとても親しみやすいです。

K.I:WEBサイト(リニューアル前)の写真が少し若かったので実際のお姿は少し意外でした(笑。
社員総会などでの社長の話を聞いて感じるのは、社員に嘘をつかない人だということです。裏表がないなあと安心できます。

ヘッドロック社内の雰囲気はいかがですか?

J.T:入社したときにはすごく静かだなという印象でしたが、今では意見も飛び交ったり、賑やかに変わってきた気がします。新オフィスに移り、ワンフロアにメンバーが集結する形になりました。
そのため仕事をする上でスタッフ間のやり取りがスムーズに出来るようになったことが大きいでしょう。風通しが良いです。

K.I:上司も個室ではなく同じエリアに席がありますので、コミュニケーションが取りやすいです。上下関係を気にしなくて良い会社というか、あまり気にしたことがないです(笑。 ディレクターへの意見の通しやすさもあり、これはすごく良いですね。

ディレクター J.Tさん・プランナー K.Iさん

仕事の中で、やりがいを感じるのはどんなときでしょう?

J.T:最も達成感が得られるのは、決められたスケジュールの中で効率よく仕事を終えられたときですね。
タスク管理をしていく中で、イレギュラーな問題が発生したりしても、うまく回せたときや、運営中のタイトルであれば、お客様の反応で良くも悪くも評価の声をいただけたときがやっぱりうれしいです。オンラインゲームを開発している会社を選んだ理由のひとつでもありますね。

K.I:シンプルですが、面白いものになると考えながら作ったものに、お客様から良い反応を得られたときは、やはりうれしいです。

仕事の中で、特に思い出に残っている出来事はありますか?

J.T:『Wizardry Online』のサービス終了となった日の夜のことです。
このタイトルの開発ディレクターとして携わったからには、最期はゲーム内で終焉を見届けようと、ログインしました。そこでは驚くことに、ゲーム内にて賑わうユーザーの姿がありました。
今までの経験上、サービスが終了するタイトルは終焉に向けてユーザー数が減っていき、最期は過疎化、そのままそっと閉じてしまう状況が多いんです。
しかし『Wizardry Online』にはまだたくさんのお客様がいらっしゃいました。そんな状況の中、歴代の運営プロデューサーがユーザーに向けて挨拶をしている、それに対してユーザーさんから感謝の言葉が投げかけられる。
そんな状況をゲーム内にて、リアルタイムで立ちあうことができ、とても感動しました。そんなタイトルに携われたという充実感があり、思い出に残りました。

K.I:年末に『ECO』でモンスター襲来イベントをやったのですが、想定以上に好評で混雑のあまりサーバが落ちてしまったんです。
サーバの入場上限にひっかかってしまったのが原因だったのですが、それが良くも悪くも印象に残っていますね。その後、負荷対策を考案し、イベント自体はどうにか終わらせることができました。多くのお客様にご参加いただけたことは良かったかと思います。

チームで仕事をするうえで気を付けていることはありますか? また、ご自身の仕事のモットーなどがあればお聞かせください

J.T:「スタッフやクライアント全員の空気を読むこと」です。ディレクターをやる上で自分はかなり気をつけていることです。各個人の作業状況や性格を把握した上で空気を読み、今このタイミングならこの仕事を頼もうとか、お互いに納得のいく形で返答をしよう、こういった伝え方をしようとか、細かいことですがそうしたことを考えながらスタッフ全体やクライアントさんとのやり取りをしています。

K.I:まだ日々考えながら仕事をしている段階なのですが、ただ自分の意見を頑として貫き通すだけではなく、周りの人の良い意見も取り入れたいと思っています。自分のやりたい物だけではなく、全体としてやりたいものを作るというのが良い結果を導くのではないかと。

入社してからご自身で成長したな…と実感されていることはありますか?

J.T:ディレクターとしてははじめて経験を詰めたため、人員を管理する能力、マネージメントスキルが上がったと思っています。他のセクションの方々と一緒に仕事をすることで、様々な知識やスキルも得られましたね。これはヘッドロックが一部業務の請負ではなく、まるごと開発に携わっているおかげだと思います。

K.I:僕はゲームづくりに関して全く経験のない状態で入社しましたので、ある意味で成長しかしていません(笑。 最初は自分にもできるような簡単なことからやらせていただきましたが、いつの間にか任される仕事の種類も増え、やれることが増えてきたな、という感じです。

応募者の方へ、ヘッドロックさんをアピールできるとしたらどんなところですか?

J.T:やる気さえあれば、やりたいことをどんどん任せてもらえる、という点でしょうか。
企画やアイデアをどんどん持ち込んで構いませんし、開発から運営まで一括して行っているので、様々な分野に携われます。もちろん得意分野を活かして専門的に極めたいといった人も良いと思います。労働環境については、休みもきっちり取れますし、周りのことを気にして先に帰れないような雰囲気を作る人もいません。コストマネジメントの指導はよくできていると思います。

K.I:つい最近、同業他社から入社した方々がいたのですが、入社初日に「良い会社だな」と話しているのを聞いて、ああ、良い会社なんだなと実感しました(笑

ご自身の今後の目標は?

J.T:最終的なステップとしてはプロジェクトマネージャーを目指しています。社長ですか?それはうーん…ちょっとリスクが高いですね(笑

K.I:プロジェクトの立ち上げから携わってみたいです。そのためには、後輩育成もちゃんとできるようになりたいですね。

サークル活動には何か参加していますか?

J.T:自転車部を立ち上げまして、活動しています。ロードバイクで隔週くらいで遠出していますよ。他にもサークルとは関係ありませんが休日は趣味で音楽活動をしたり、コスプレしたりといった感じで(笑

K.I:ダーツ部に入っています。あとはアナログゲーム(ボードゲーム)部ですね。兼部も可能です。休日は、お酒が好きなのでよく友人と飲み歩いています(笑

どんな方に応募していただきたいですか? 応募者へのメッセージもあればお願いします。

J.T:何かに特化した、いわゆるステータスのとんがっている人に応募していただきたいですね。
ゲームに例えれば、オンラインゲームが好きで廃人になるほどやるとか、一つのゲームをとことんやり込むとか、逆に広く浅く何でもやるとか…。何かが得意で自慢できるような人には、その人の特性を生かした仕事も振りやすいですよね。また、ディレクター志望であれば、フットワークの軽い人が良いです。セクション全てを見なければならないし、自分から動ける人でないと厳しいと思います。

K.I:責任感のある人に来ていただきたいです。例えば「これを作ってください」と言われたとき、ただ言われたままにやるのではなく、その人なりにしっかり考え、最後まで責任を持って作れる人の方が、良いものが生まれる可能性がありますし、その方にとっても勉強になると思います。プランナー志望であれば、いつでも企画が出せる人、というのもいいですね。

ディレクターの事業紹介
プランナーの事業紹介