先輩インタビュー

INTERVIEW

サーバープログラマーT.Sさん
サーバープログラマーT.Sさん
オンラインゲームのサーバー設計、サーバープログラミング、システム構築・保守を担当。
ゲームエンジニアリング部のエンジニアリングマネージャーとして、
部下への仕事の割り振りやアドバイスなども行っている。

ヘッドロックに入社を決めた理由、きっかけを教えて下さい。

私は以前、オンラインゲームのライブラリを作っている会社に勤めていました。そのライブラリをヘッドロックが使う事になったときに、私がサーバープログラマーとして派遣され、オンラインゲーム開発に初めて携わりました。ライブラリを作る仕事にも魅力はありましたが、ユーザーの反応が直接返ってくるゲーム開発の現場で働きたいという意識が強くなり、双方の社長に相談した上で円満にヘッドロックへ移籍することになりました。

部署はどんな雰囲気ですか?

仕事場所はプロジェクト単位でまとまっているので、みんなの顔が揃うのは定例のミーティングになるのですが、技術的な疑問点や、プロジェクトの問題点など話すことは多いので、緊張感を保ちつつ、良い雰囲気でやっていけていると思います。

仕事で感じる「やりがい」は何ですか?

オンラインゲームにおいてサーバープログラムは実に重要な役割を担っています。実際、戦闘システムやモンスターAI、イベント制御などのゲームロジックは全てサーバープログラムが担当しているので、非常にやりがいを感じています。また、何千人ものユーザーの要求を瞬時にこなさなければならないので、技術的にも高度なものが要求されますし、新しい技術が次々と出てくるので勉強し甲斐がありますね。

仕事を進める上で気をつけていることを教えて下さい。

入社したころは、徹夜してでも自分一人で仕事をこなしていましたが、最近は部下に仕事を任せて、彼らがいかに効率よく働けるようにするか。という点を重視するよう気を付けています。

一番思い出に残るお仕事は何ですか?

やはり、初めての仕事となったディプスファンタジアの立ち上げの時ですね。当社としてもオンラインゲームのタイトルは初めてだったので、チームのスタッフみんなで試行錯誤して開発を進めたことを覚えています。何とか正式サービスを開始することができたときは、本当にうれしかったですね。ユーザーからの厳しい意見もありましたが、そうした批判は真摯に受け止め、改良を重ねていきました。既にサービスが終了したタイトルですが、こうした貴重な経験をしたことが、現在の新しいゲーム開発への原動力になっていると思います。

仕事で経験した失敗談を教えて下さい。

あるタイトルの運用中に、アイテムデータが次々と消滅していってしまうという障害が発生しました。データベース管理者がサーバープログラム側で想定していない操作を行ったことが直接の原因でしたが、そもそも手動で操作を行わなければならない状況自体が問題だと思いました。それ以来、なるべく人間の手で煩雑な作業を行わなくても済むようなシステムを設計するよう心掛けています。

ヘッドロックのいいところ、他の会社にはない自慢できることはどんなことですか?

スタッフの仲が良く、皆元気がいいところですね。ランニングや登山など共通の趣味を持った者同士でよく出掛けたりしています。風通しの良い社風ですね。

どんな仲間と一緒に働きたいと思いますか?

スキルを高めようという意欲のある人、自分の作ったものに対する責任感の高い方です。基礎となるスキルも大事ですが、学ぼうとする意欲が高ければスキルは後から付いて来ます。また、自分の作ったものに対する責任感はクオリティ意識にも繋がる部分でもあり、こちらも大事な要素です。スキルが高いだけでなく、意識を高く持った人が活躍し易い職場だと思います。

自分の目標を教えて下さい。

オンラインゲームと従来のコンシューマゲームとの違いとして、オンラインゲームはサービスでもある、という点が挙げられると思います。ユーザーに楽しんで貰えるゲーム開発を行うと同時に、より良い品質のサービスをユーザーに提供することが、現時点の私の目標です。

入社を検討している人へメッセージやアドバイスをお願いします。

サーバープログラムというと、あまりゲームに関係のないシステム的な部分しか担当しないような印象を受けますが、実際はオンラインゲームの“ゲーム”部分を担う重要なセクションでもあるので、興味のある方は是非応募してみてください。
また、ネットワーク/データベース/Web系の技術に関心がある方も大歓迎です。いろいろな技術を応用して、新しいオンラインゲームを一緒に作り上げましょう!

サーバープログラミングの事業紹介