先輩インタビュー

INTERVIEW

サーバープログラマーY.Tさん
サーバープログラマーY.Tさん
オンラインゲームのサーバー側のプログラム開発を担当。
モンスターのAIや戦闘システム、ステータス保存、データベース構築などのプログラミングを行う。

ヘッドロックに入社を決めた理由、きっかけを教えて下さい。

当時、私は専門学校でゲームプログラムの勉強をしており、就職先はもちろんゲーム会社を志望していました。そのころからヘッドロックは国産MMOG(Massively Multiplayer Online Game)で有名な会社でしたね。内定をいただき「インターンシップ制度」の受け入れがあったので、在学中から働き始めました。早く現場に出て働きたかったからです。その時に戦闘システムの機能追加プログラムを任されまして、がむしゃらにやった結果、なんとか形になったのです。そのうれしさが忘れられなくて、その後そのまま入社し、現在に至っています。

部署はどんな雰囲気ですか?

自由な雰囲気のある、働きやすい職場だと思います。服装も自由ですし。勤務時間もある程度、融通が利きます。

仕事で感じる「やりがい」は何ですか?

企画から要望が上がってきたときに、いわれるままにするのではなく自分のアイデアを出したり、話し合ったりしてよりよい物が完成し、なおかつユーザーの反応が良かった時にはうれしいですね。私はよく「ネタを仕込む」なんて言っていますが、注意深くやっていないと分からないようなことにユーザーが気づいてくれて、喜んでくれた時に、「やった!」という気持ちになります。開発者冥利につきるというやつです。

仕事を進める上で気をつけていることを教えて下さい。

他人から見て分かり易いプログラムソースを書くことです。
結果は同じなんだから、自分だけが見て分かれば良いといってプログラムを書くのはプロの仕事とは言えません。チームで作業することを考え、誰が見ても構造が分かるように書くことで、会社全体の作業効率アップにも繋がります。

一番思い出に残るお仕事は何ですか?

先ほど言ったいわゆる「ネタを仕込む」というやつです。ユーザーの反響が予想以上に大きく好評だったので、すごく嬉しかったですね。

仕事で経験した失敗談を教えて下さい。

企画から「どうして、こういうプログラム動作が起きるんだ?」と聞かれた時に、自分が作った本人であるのにうまく説明ができなかったのです。自分で、自分の作ったプログラムを説明できない……、ショックでしたし開発者としてはとても恥ずかしい事でした。落ち込みました……。

ヘッドロックのいいところ、他の会社にはない自慢できることはどんなことですか?

国産ネットゲーム開発を進める上での最高の設備やマシン環境、ノウハウが整っているところです。プログラマーにとっては理想の職場です。

どんな仲間と一緒に働きたいと思いますか?

明るく楽しく、コミュニケーションがとれる人が良いです。
技術的には、ゲームプログラマーでなくても一般ソフトのプログラマーやネットワークエンンジニアでも充分活躍できます。オンラインゲームは技術の幅が広いので、多くの技術者を必要としています。

自分の目標を教えて下さい。

これは夢なのですが、いつか自分一人で全部の作業をこなしてゲームを1本作ってみたいですね。企画もプログラムもグラフィックも音楽も全部自分一人でやってみたいのです。

入社を検討している人へメッセージやアドバイスをお願いします。

「オンライン」にこだわったゲームの開発をやってみたい人は、ぜひヘッドロックへ入社して下さい!あと、やる気のある人は大歓迎!

サーバープログラミングの事業紹介